散ればこそ
いとど桜はめでたけれ
憂き世になにか久しかるべき